年収200万円未満の場合のクレジットカード審査とは

年収200万円未満の場合にはクレジットカードの審査などが会社によっては厳しいものになり、審査が通らないという場合などがあります。返済能力などがそのクレジットカードの基本とする状況とかみ合わないためで、そういったときにはクレジットカードを申請しても却下をされてしまうということが考えられるのです。
しかしながら、年収200万円未満であっても持っていると便利なので、どういった手段がとれるのかを検討する価値はあります。クレジットカードの審査基準は会社によって異なります。年収200万円未満どころか、年収400万円を超えていても審査に落ちてしまうという事もありますし、公務員などの場合には比較的通りやすいものなどもあり、長期的な支払能力や信用などが必要になります。
年収200万円未満でも利用する方法はどういったものが考えられるのかというと、つまり入会基準が緩いところを探して申込みをするということが有効であるといえます。
あまり収入が高くなくて審査に通りずらい方には、審査に落ちてしまった方でも大丈夫なACマスターカードをおすすめします。別の信用機関を用いるため審査が通る可能性が高いのです。

勤務年数1年未満はクレジットカードの審査で不利になるのか

クレジットカードの利用を考え、カード会社に申込みを行うと必ず審査を受ける必要があることは皆さんが知っていることです。クレジットカードの審査項目にはさまざまなことがありますが、そのひとつに勤務年数というものがあります。
カード会社は申告された内容の裏付けを取り審査を行うことになるので、社会人成りたてや、転職後すぐにカードが必要になり申し込みを行うと勤務年数を1年未満で申告しなければならなくなりますが、勤務年数1年未満で申告すると不利になるようなことはあるのでしょうか。
結論から言いますと、勤務年数は長ければ長いほど信用を得ることができるために審査が有利になりますので、勤務年数1年未満の場合には不利になってしまうと言わざるを得ません。
勤務年数がネックになり通らないということもありますが、すべての会社が勤務年数が1年未満だから通らないというわけではありません。数ある項目を総合してその人に対してカードが発行されるかの判断がなされるのでほかの項目で高い点数が獲得できれば総合的に発行できると判断されることもあります。

社会人成りたてや転職後すぐでクレジットカード審査に不安な方に

転職後すぐなど、今の仕事勤続年数が短く、クレジットカード審査に不安を感じている方は、カードローンを検討してみたらいかがでしょうか?
・カードローンで審査通過するための7つのポイント

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧