クレジットカードの審査である3Cとは

クレジットカードを発行してもらうには審査が必要ですが、この審査には3Cと言うものがあります。3Cとは、資力の「Capacity」、性格の「Character」、資産の「Capital」の頭文字をとって3Cと呼ばれています。さて、具体的な3Cの内容ですが、資力とはいわゆる「返済能力」のことです。クレジットカードを使うという事は翌月以降に返済があります。となると、返済能力が備わっていない人にカードを発行することはできません。
性格とは、お金に対する姿勢から見る「信頼性」です。決まった日に決まった金額をきちんと返済するかということで判断されます。資産とは、個人が保有している不動産、車、有価証券、貯蓄などの「資産」、そのままの意味です。
もし返済できなくなった時の担保として必要になります。この3Cとはスコアリングによって点数化されて、審査が通過できる条件を持っている人かどうかを判断されます。3Cが審査の軸になるので覚えておきましょう。
審査が通るか不安な方は、他社の審査に落ちた方でも大丈夫というACマスターカードの審査に申し込むことをおすすめします。違う信用機関を利用するため審査が比較的通りやすいとのことです。

個人信用情報のAマークとPマークとは

個人信用情報機関とは、クレジットやキャッシングの申込み状況や利用した履歴が登録されている、消費者の信用を記録する情報機関です。この個人信用情報には返済状況も記録されるのですが、返済記録にAマークとPマークが記載されることがあります。Aマークとは「返済の延滞」を示すマークで、Pマークとは「一部返済」を示すマークです。このマークが返済記録に記載されていると、新規でクレジットの申込みをする際の審査に影響してきてしまいます。
つまり、AマークやPマークがあるということは、きちんと返済できていないという事の表れでもあります。「返済を守れていない=返済能力がない=信用が無い人」と判断されてしまうので、審査の際に不利な条件となってしまうのです。ただし、返済状況は毎月更新されていくので、きちんと返済を繰り返していくことで、2年経てば上書きされて過去の返済トラブルは消えます。AマークとPマークとは、個人の信用に影響するものであることは覚えておきましょう。

クレジットカード審査に落ちそうな方は

クレジットカード審査に落ちて、不安を感じている方は、便利で無難なカードローンを試してみたらいかがでしょうか?
・カードローンの審査も不安?審査通過の7つのコツはコレだ!

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧