各個人信用情報機関の情報保存期間は最大5年

今回、住宅ローンを申請しました。実家が古くなったので、立替の為ですが何よりもローンの審査が心配でした。なぜなら、以前消費者金融で100万程の借り入れがあったからです。一応ネット等々で、各個人信用情報機関の情報保存期間が最大5年という事は一応把握していましたが、それでも心配になるものです。これで審査が通らなかった場合、立替もできないしこの先増税がほぼ確定となっている中、住宅ローンなんて組めないのは目にみえています。

とはいっても、直接信用情報機関に電話して確認をとるのも、情報機関に記録が残り、多少なりとも住宅ローン審査に影響が出てしまう可能性があったからです。なので、もう返済は全て終わっていたので全ての消費者金融に連絡し、解約の手続きをし、最後の一件に連絡を入れてその際に住宅ローンの話をしてみたら各個人信用情報機関での情報保存期間は最大5年となっているので大丈夫と思います。との返事でした。だったら始めから調べておけばよかったと思いますが、とりあえず仮審査ですが、通過できました。

クレジットカードの審査に影響する申込履歴は半年間残ります

クレジットカードの審査基準には諸々の条件がありますが、その条件の中には申込履歴の情報も考慮されています。審査の基準となるのは、信用情報機関の登録内容が基になっていますが、この情報機関に過去の申込履歴も登録されています。審査に通過できた・できなかったは関係なしに、申込みをした履歴が記録され、この記録は半年経たないと消えません。そして、この履歴が審査に影響する問題点は、申込みブラックになってしまった場合です。

申し込みブラックとは、1ヶ月のうちに3件の申込みをすることで事故情報とし記録され、これが申込みブラックになります。そもそもクレジットカードの発行には個人の信用が必要ですので、短期間のうちに何件も申込みをする人に信頼性は無いと判断されてしまうのです。そして、先述したように申込履歴は半年経たないと消えないので、申込みブラックの情報も半年間は消えないという事になります。となると、半年はクレジットの申し込みをしても発行してもらえないので、気をつけて申し込みすることが大切だということです。

外資系は事故扱いがあると即契約解除になる場合がある

クレジットカードを所持するうえで、信用情報はとても大事なステータスなのです。1回くらいの遅延なんて、事故扱いににはならないだろうと安易に思いがちですが、そこはとてもシビアでクレジットカード会社によってはその1回の支払い遅れが致命傷となり、信用情報機関に事故記録が記載されてしまうのです。どうやら外資系は1回の事故でも立派に記録が残るうえ、高額な支払い金額初回の支払いが遅延した場合、即契約解除となってしまう場合もあります。

口座引き落としを選択していると、再引き落とし日野ご連絡がくるときがありますが、たとえ再引き落とし日にきちんと入金をして支払ったとしても外資系は1回だけでもそのようなことがあると、契約解除になる場合もあるそうです。信用情報記録は数年間その実績は削除されないので、大切にしたいと思います。信用情報に傷がつくと新しくカードを発行することもおろか、自分が所持している他のカード枠にまで影響があることもあるそうなので、気をつけたいです。

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧