個人信用情報のAマークとPマークとは

個人信用情報機関とは、クレジットやキャッシングの申込み状況や利用した履歴が登録されている、消費者の信用を記録する情報機関です。この個人信用情報には返済状況も記録されるのですが、返済記録にAマークとPマークが記載されることがあります。Aマークとは「返済の延滞」を示すマークで、Pマークとは「一部返済」を示すマークです。このマークが返済記録に記載されていると、新規でクレジットの申込みをする際の審査に影響してきてしまいます。

つまり、AマークやPマークがあるということは、きちんと返済できていないという事の表れでもあります。「返済を守れていない=返済能力がない=信用が無い人」と判断されてしまうので、審査の際に不利な条件となってしまうのです。ただし、返済状況は毎月更新されていくので、きちんと返済を繰り返していくことで、2年経てば上書きされて過去の返済トラブルは消えます。AマークとPマークとは、個人の信用に影響するものであることは覚えておきましょう。

個人信用情報の重要項目は支払状況・利用残高・申込履歴の事故情報による

クレジットカードを作る時に、申し込みをしてから審査をされます。この審査に通過できるとクレジットカードを手にすることができるのですが、審査が最大の難関でもあります。審査では、個人信用情報機関に登録されている情報が重要視されます。個人信用情報機関とは、申込者の個人情報から、クレジットやキャッシングの利用履歴が登録されている信用機関です。ここに登録されている情報の中でも、特に審査に影響する重要項目があります。

それは、支払い状況・利用残高・申込履歴に関する事故情報です。事故情報とは、クレジット利用の際の返済の延滞などがあった場合に、その情報が利用者の過失(事故情報)として個人信用情報機関に登録されています。例えば、支払い状況がスムーズに行われていない場合、利用残高が多く残っている場合、複数の会社への申込履歴がある場合は、これらが事故情報として記録されているので、審査に通過しにくくなります。クレジットを利用する際には、信用情報の重要項目に注意してください。

個人信用情報の重要項目は支払状況・利用残高・申込履歴の事故情報による

クレジットカードを作る時に、申し込みをしてから審査をされます。この審査に通過できるとクレジットカードを手にすることができるのですが、審査が最大の難関でもあります。審査では、個人信用情報機関に登録されている情報が重要視されます。個人信用情報機関とは、申込者の個人情報から、クレジットやキャッシングの利用履歴が登録されている信用機関です。ここに登録されている情報の中でも、特に審査に影響する重要項目があります。

それは、支払い状況・利用残高・申込履歴に関する事故情報です。事故情報とは、クレジット利用の際の返済の延滞などがあった場合に、その情報が利用者の過失(事故情報)として個人信用情報機関に登録されています。例えば、支払い状況がスムーズに行われていない場合、利用残高が多く残っている場合、複数の会社への申込履歴がある場合は、これらが事故情報として記録されているので、審査に通過しにくくなります。クレジットを利用する際には、信用情報の重要項目に注意してください。

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧