ブラックリストでも作れるクレジットカード|申込みブラックとは?

カード審査は「信用情報機関」の情報に基づく

クレジットカードの審査時に気になる「ブラックリスト」という言葉。なんとなく「クレジットカードが作れない」「クレジットカードを使えない」「借入ができない」などマイナスの強いイメージがありますが、実際にブラックリストとは何なのでしょうか。

クレジットカードの審査には、「信用情報機関」という機関の情報が使われます。たとえば、クレジットカードを使っておきながら支払いをきちんと行わなかった、などという事故情報などがこの信用情報機関に載っていきます。クレジットカードの会社を横断する形で情報がまとめられているため、Aの会社のクレジットカードで事故を起こした場合にも、Bの会社のクレジットカードの審査でマイナスに働くことがある、ということになります。

ブラックリストとはいったい?

この信用情報機関に「この人は以前、クレジットカードで事故を起こしたことがあります」「キャッシングで借入をしておいてから返済をしなかったことがあります」など、ネガティブな情報が載せられてしまう状態を一般的に「ブラック」「ブラックリスト」と言います。

ですので、実際のクレジットカード審査に「ブラックリスト」というリストがある訳ではありません。

ブラックリストに一度載ってしまうと(信用情報に傷がつくと)、5年間は借金をすることができなかったり新しいクレジットカードを作ることができなかったりします。しかし、既に持っているクレジットカードを使うことは引き続きできるということもあり、実は意外とデメリットはないという見方もあります。

とはいえ、新規のクレジットカードを作ることはできませんから、クレジットカードの審査ではブラックは非常に不利ということが間違いなく言えるでしょう。

実はブラックの人って意外とたくさんいるんです

たとえば一度にクレジットカードの審査にたくさん申し込んでしまったり、返済の滞納が2回滞ってしまったり、意外とありがちな事情で簡単にブラックリストになってしまうという事情があります。ですので、自分で気がついていないだけで実はブラックリストに載っている、というケースはよくあるようです。

特に、うっかりしていて銀行の残高がゼロになっていた!などでたまたま返済が滞ってしまった、ということはあり得なくもないシチュエーションですよね。クレジットカードの審査でブラックにならないように気をつけておきたいところです。

申込みブラックが原因で審査に落ちた方がクレジットカードを作るには?

クレジットカードの審査で、一度に複数のカードに申し込んでしまうと、申込みブラックとみなされそのことが原因でカード審査に落ちてしまいます。心当たりのある方は意外と多いかもしれません。

でも、実はまだ他にもクレジットカード審査を通過できるカードが残されているのです。それは、ACマスターカードに申し込むことです。なぜ審査を通過できるかというと、審査に利用する情報の入手先となる信用情報機関が他社とは違うからです。

通常のクレジットカード会社が利用する信用情報機関を通さないので、「審査に通らない情報」が登録されていないため、まだクレジットカードを作るチャンスが残されています。

一般のクレジットカードは、申し込みをしたという情報は半年から1年保存されるためその間は何度申し込みをしてもカードの審査に落ちる結果となりますが、このカードならもしかしたら作ることができるかもしれません。

そういうわけで他のクレジットカードと比べて審査に通る可能性のあるACマスターカードに申し込んでみるのはいかがですか?詳しくは下はクリックして下さい。

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧