クレジットカード審査に落ちた人が、信用回復するためにやるべきこと

複数のカードに申込みをするのは絶対ダメ

クレジットカードを作るときには、カード会社による審査がありますが、その審査に落ちてしまったときにやってはいけないことは、同じタイミングでクレジットカードを何枚も申し込まないことです。

※この他の注意事項については「クレジットカードの審査基準」に詳しく書いてあります。興味を持った方はご参照ください。


クレジットカードに申し込むだけで、その記録が信用情報機関に残る仕組みになっているので、短期間に複数の申し込みが集中するとお金に困っているのかと疑われてしまい、通る審査も通らなくなってしまうからです。このカードがだめなら別のカードなら平気かも、と安易に申し込むのは要注意です。

申し込みブラックとは

クレジットカードの申し込み履歴は、個人情報を取得できる信用情報機関に全て残ります。同時期にいろいろなカードに申し込みをすると、よほどお金が必要で切羽詰まっている状況と判断されてしまい、細かい審査に入る前に落ちる可能性が高くなります。

おおよそ、1ケ月の間に3~4社以上申し込みをすると、申し込みブラックとみなされて本来通る可能性のある審査も全て落ちてしまうことになりかねません。

個人信用情報機関に記録される個人情報は、永久に保存されるわけではなく、一定期間過ぎると消える仕組みになっています。慌てずに、その期間が過ぎるまで新規の申し込みをせずに過ごすことが賢明です。

最低6か月間はクレジットカードの申込みをしない

カードの審査に落ちてから再度申込をするタイミングは、少なくとも信用機関のカードの申し込み履歴が消える3~6ヵ月を過ぎた頃、出来るならば1年はあけた方が良いでしょう。というのも、信用機関の情報は半年ほどで消去されますが、社内情報としてカード会社に申し込み履歴が1年間残っている会社が多いからです。

融資が受けられない理由が申し込みブラックによるものなら、そもそも短期間に複数の申し込みをすることが原因で融資が却下されているだけなので、6か月~1年後、慎重に1枚のカードに申し込みをすればその先の細かい審査に通る可能性があります。申込情報記録が消去されれば、お金を貸りるための信用も回復するので審査に有利になることは間違いないでしょう。

その他、審査に落ちた原因が分からない方は、今持っているカードを何枚か解約してから再度新たにカードを申し込むなど、自分なりの工夫を考えてみるとよいでしょう。

落ちた経験のある方にはACマスターカードをおすすめします。

審査に落ちた方も通過できる可能性のあるACマスターカードの審査を受けてみるのはいかがでしょうか。このカードは他社とは違う信用情報機関を用いているから通りやすいとのことです。

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧