クレジットカード限度額を増やす方法まとめ

クレジットカードの限度額とは、クレジットカード会社があなたに「これぐらいの金額なら立て替えておいてもいいかな」という金額の上限です。当然、最初から何百万円も立て替えてくれるカード会社はありませんが、10万円、20万円とコツコツ枠を広げていって、使える上限額を増やしていくとメリットはたくさんあります。

たとえば海外旅行や引越したときの大型家電のまとめ買い。普段から毎月何十万円も使うことはないでしょうが、ここぞというときには結構な出費があるものです。年に何回かはありますよね。

こうしたときに、クレジットカードで支払うことができると、ポイントがついてとてもお得。また、分割払いにすることで月々の生活の負担を減らすことができますから、やはり限度額は大きめの枠で持っておきたいところですね。

ここでは、限度額を大きくするコツについてお話しします。

事故を起こさないことが大前提

クレジットカードの限度額は信用の度合いですから、引き落とし日に銀行に残高がなくて引き落とせなかった!なんていうことはもう最悪です。

1回ならまだしも、何回も起こるようではクレジットカード自体を使い続けることができるかどうかすら怪しくなってきます。こうした返済の遅延は起こさないということがまずは大前提になります。

ヒストリーを積み重ねること

きちんと毎月一定額を使い、それをしっかり返済し続けること。たとえば、飲食代はもちろんですが、公共料金の支払いなどもできるものを片っ端からクレジットカード払いにする。

そして、毎月数万円以上の金額をしっかり払い続けること。これを数ヶ月きちんと続けることができるのは地味ですが非常に大事なことです。

限度額交渉は年に1~2回やってみる

クレジットカードのコールセンターに、「もう少し使いたいんだけど、限度額を上げてもらうことはできないか?」という交渉をします。とはいえ、いきなり限度額を上げてくれという交渉をしても、「こいつ怪しいな」と思われる可能性も高い。そこで、「家電をまとめ買いするので、一時的に限度額を解放してほしい」「旅行をするので・・・」など、きちんとした理由を付けて交渉するのがコツです。

というよりも、年に1度や2度、クレジットカードの限度額を超える大きな買い物をする機会はあるはずです。ここできちんと交渉を入れていくのがコツということになりますね。また、普段の飲み会などで、クレジットカードでまとめ払いをしておいて現金の精算をしてもらうというのを繰り返すことで、普段からきちんと決済とを通してくれる優良なお客さんであるというアピールを続けることも大事です。

上位ランクのクレジットカードにチャレンジする

1~2年程度、そこそこの利用歴があれば、上位のランクのクレジットカードの審査に思い切って申し込んでしまうのも手です。通常の年会費無料カードを使っているなら、ゴールドカードやヤングゴールドカードにチャレンジしてみる。ゴールドカードに通れば、一気に限度額50万円以上になることがほとんどです。また、ヒストリーがきちんと積み重なっているクレジットカードホルダーは、一見さんの審査よりも非常に通りやすくなっていますので、チャレンジする価値はあるでしょう。

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧