自己破産や任意整理をしていないか

過去に借金を整理したことはありませんか?

クレジットカードの審査にあたり「ブラック」であることは致命的になるのですが、ブラックになっている典型的な例として自己破産や任意整理などの「債務整理」という借金の整理を行っているというケースがあります。

債務整理というのは、借金を払うことができなくなった人がその借金を減額してもらったり、なくしたりという救済のための制度です。大きく、任意整理、個人再生、自己破産に分かれます。また、似たような概念として過払い金の請求というのもありますね。

自己破産・失踪宣告・民事再生はクレジットカード審査にどう影響するか

クレジットカードの審査で、よく耳にするブラックリストというのは、どんなリストで、審査においてどうゆう影響をもたらすのでしょうか。リストという言葉が付くと、何か特定のリストがあるように思いますが、実際はそういったリストなどは存在しません。
ブラックリストというのは、信用情報機関に登録されている事故情報(自己破産・失踪宣告・民事再生など)のことを指しているだけです。とはいっても、この事故情報というのは、審査なしのクレジットカードはないためクレジットカードの審査では致命的な影響を与えてしまいます。 なぜ、致命的な影響を与えるのかというと、それは信用情報機関に登録された事故情報というのは、一定期間消えることがないからです。例えば、自己破産・失踪宣告・民事再生の場合は、最低でも7年間はその情報が残ってしまいます。特に自己破産とうのは重く見る傾向があり、信用情報機関によっては10年というところもあります。事故情報がある場合はほぼ審査に通ることはありません。つまり、この期間はクレジットカードを作れないということになります。

自己破産すると・・・

自己破産をすると、新規の借金は7年間できません。もちろんこの間、クレジットカードを作ることはできなくなります。

自己破産は借金整理の方法の中でもきわめて強烈な方法で、借金をすべてなくしてゼロにしてしまうことができます。その代わり、持ち家を処分しなくてはいけなくなったり、20万円以上の価値のある所有物は競売にかけられてしまったりといった代償を被ることになります。ブラックリストに載ってしまうのもそのひとつですね。

任意整理について

任意整理というのは、ひとことで言ってしまえば借金の一部減額となります。月々の返済額が増えすぎて返済をすることができないという方が、将来の金利をカットしてもらったり、借金の金額を減額してもらったりして返済計画を作り直す手続きです。

整理した後の借金を支払い終わるのが3年後。そして、支払いを終えてから5年間がブラックという状態になりますから、任意整理をしてから8年間は新規の借入をすることはできなくなります。もちろん、クレジットカードを新規で作ることもできないということですね。

個人再生手続きというのも

個人再生という手続きもあります。まだまだメジャーではありませんが、借金を整理する方法の中でもメリットの大きい方法として注目されているようです。持ち家や車などを処分することなく、借金の大幅な減額を得られるというものです。

しかしこれも、手続きを行うことによりブラックリストに載ってしまいます。

過払い金返還請求とブラックリスト

これらと似た手続きで過払い金返還請求というものがありますが、過払い金を請求してもブラックリストには掲載されません。

以前は過払い金の返還請求を行っただけでブラックリストに載せられてしまっていたようです。しかし、よくよく考えればこれはもともと正当な請求行為。「本来払う必要のなかった金利分を取り戻しているだけ」ですので、ブラックリストに載ってしまうのはおかしいですよね。ということで、最近になってこれは廃止されたようです。

クレジットカードの審査に通りづらいならこのカードを試しませんか?

ACマスターカードはフリーターや派遣社員、学生などの正社員でなくクレジットカードに申込めない人でも申込できることが特徴です。他のクレジットカードの審査に通らない人はACマスターカードを試してみませんか?

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧