クレジットカードを作るときの勤務先の審査

クレジットカード審査と勤務先

全てのクレジットカード共通の審査は、信用情報機関の情報をもとに決まりますが、その審査に通ると次はカード会社ごとの独自の審査に進みます。その独自の審査のなかでも審査項目として特に考慮されるのが、勤務先や勤務形態などの実態です。

どのような仕事に就いているか、職種は何かということが審査対象となり、以下のように安定性が高くなるほど点数も高くなり審査もプラスになります。

独自の基準で点数化される時は、以下のようになります。

公務員←会社員←自営業者←派遣社員←パート・アルバイト

やはり、支払い能力の安定性といったことを考えると、公務員や大手企業にお勤めの方が審査に有利なことは、言うまでもありません。申込書の通りに勤務している事が確認されたら、審査に通る確率が高くなります。

勤務先は安定さが重要視される

クレジットカードの発行にあたって、勤務先を知るということは、ある意味年収を申告するよりも実際の収入を予測するのに確かな情報といえます。

大手企業といえども、転職・離職率が高い業種は審査上は不利になります。また、自営業者といえども、職業という意味では不利かもしれませんが勤続年数が長ければ審査の上であまり不利になることはありません。

審査の鍵となるのは、過去におけるその企業の経営状態や安定して経営を続けているという実績なのかもしれません。いずれにせよ、会社ごとにどこに審査の基準を置いているかを知ることはできないので、カードの持てた会社が結果として自分にあったクレジットカードだと言えるのでしょう。

在籍確認によって裏付けがとれる

クレジットカードの審査の中でも特に重視されるのが、勤務先についての情報です。

一般的なクレジットカード発行の場合、年収年齢勤続年数については確認書類の提出不要な場合が多く、調べようがありませんが、勤務先については、通常「在籍確認」という形で本当に申告通りの会社に勤めているかどうか調査をおこなっているので、審査項目の中でも勤続年数同様に重要なポイントになります。

勤務先の審査は、全ての申込者に同じ条件で確認のとれる項目で、そこから返済能力や利用し続けることへの安定性も推測できます。審査担当者の想像や思い込みでなく、公平な審査をおこない客観的な判断ができるので、信憑性が高く一貫性のある審査項目といえます。

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧