クレジットカードの勤続年数による審査

クレジットカード審査と勤続年数

カード会社では、申込者の支払いに関係する属性(収入・年齢・勤務先・住環境・借入状況)を点数化して、その点数によって審査の可否を決定します。各社で共通の属性があるわけではありませんが、一般的にこのような項目があてはまります。

そのなかでも、特に重視されるのが、職業や勤続年数です。長く働いていればそのことが信用につながりますし点数化するなかでも重要なポイントになります。勤続年数が貴重とみなされるのは、返済能力はもちろん、安定して利用し続けるための返済の質も重要になるからです。単純に、大企業であればそれだけ審査に有利なのはもちろん、勤続年数が長ければ長いほどおのずと点数も高くなります。

勤続年数が長いほど審査に有利なの?

クレジット会社の多くは、最低勤務年数1年以上という規定を設けていて、一定以上の勤務年数が経過していれば審査は通過しやすくなります。昨今の世の中では、転職も珍しくなくなってきているため、以前ほど一つの会社に勤めることは重視されなくなっていますが、それでもやはりひとつの会社に長く勤めている事は安定した収入が続くだろうと信用が得られるため審査に有利です。

また、自営業の場合は、特に審査が厳しくこの先も事業が続くかどうか不安定なため、勤続1年以上経過していてもは審査に通るのは難しい場合もあります。

年収よりも審査で重視される理由

勤続年数が長い方が審査に有利なポイントは、カード会社としても単純にこの先も会社を辞めにくいと考えるからです。収入がいくらあるかというよりは、収入が安定しているかどうかの方がカード会社としても重要な要素になります。

年収が高いに越したことはありませんが、転職を繰り返しているよりも、長期間同じ会社に勤務し、安定した収入がこれからも続いていく人の方が評価が高くなります。年収や年齢は参考程度で、勤務先や勤続年数の方が比重が高いのは当然のことかもしれませんね。

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧