年齢(20代)でクレジットカード審査に落ちた人向け|審査基準を公開

クレジットカード審査と年齢

カード発行にあたって、カード会社が申込み条件として設定する年齢に該当しているかということは大前提ですが、通常のショッピング枠でクレジットカードを持つ場合、年収の審査同様年齢確認のために証明する書類をを出すことはほぼありません。

年齢についても、個人でどうにでも書ける部分なので、審査する側もさほどきちんと重視してみるポイントにはならないでしょう。

年齢がカード発行に与える影響

それでも、実際に20歳を過ぎて会社勤めをして、同時に2社のカードを申し込んだ場合、1つのカードは審査に通って、もう1つのカードは落ちてしまったなんてことも起こるかもしれません。

その場合に考えられることは、カードごとに独自の審査基準が設けられているということです。今後の利用が期待できるため、積極的に若い年齢層を開拓している会社ならば、就職したばかりの若者でも審査に通りやすくなるでしょう。

反対に、ある程度の年齢の方が信用が得られるため貸し倒れが起こりにくいと判断し、そちらの顧客を重視している会社ならば、若いというだけで年齢面での審査はマイナスになることも考えられます。年齢が単独で審査の判断材料になることはありませんが、年齢と他の審査項目とのバランスが重要視される傾向にあるようです。

年齢によって信用が変わるの?

若いというだけで、それ自体が審査のマイナスになるのかというと一概にそうとは言えません。若い年齢層は、既婚者と違い自由に使えるお金が多く、自分のための購買意欲も強いため、これから売上に貢献するターゲットとして獲得したい顧客でもあるのです。

内定が決まった勤務先が大手の会社ならば、正社員として就職が内定しているだけでカードが持てる可能性もあります。このように、申込先のカード会社がどの情報を重視して審査しているかによって、その会社のカードが持てるかどうかに関わってくるのです。

カードを持つのに最適な年齢は?

それでは、カードを持つのに最適な年齢とは何歳くらいなのでしょう?ぜったいにこの年齢というのはありませんが、一般的に、20代前半から30代のうちに持っておくことが安心して審査を通過できる目安と言えるのかもしれません。今まで1枚も持っていなかったのに、40代になって急にカードを作ろうと思うこともあるかもしれませんが、どうせ持つならもう少し早いうちに作っておいて利用する方が便利です。

カードが発行されて、利用状況に問題がなければ更新時に新しいカードが届くのである程度の年齢までは自動でカードを持ち続けることができます。働き始めの頃から、働き盛りのうちにカードを作ってしまうのがクレジットカードの審査に通るコツかもしれませんね。

その他のクレジットカードの審査はコチラ

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧