固定電話がないと審査に通らない?

クレジットカードより便利なカードローン審査に通過するため要点7つ

クレジットカードも一時的に借金をするという事には変わりないので、クレジット会社は融資するリスクを背負わなくてはいけません。そのため、クレジットカードを作る際には審査が必要になります。審査に考慮されるのは、年齢、職業、収入、勤務年数、居住形態など個人情報の一つ一つが評価されています。そして、この審査の中には固定電話有無も影響します。では実際に、固定電話有無の必要性ですが、固定電話はあった方が信用が高いという事になります。
固定電話というのは簡単に解約できるものではないし、安定した住まいを持っている証拠でもあります。申込みには最低ラインとして携帯電話は必要ですが、例えば携帯電話だと連絡がつきにくいし、解約されてしまえば居場所が特定できないなんて事にもあり得ます。しかし、固定電話なら様々な条件を得て持てている電話番号なので、高い信用に繋がります。意外と知られていないのですが、固定電話と言うのは社会的立場の信用に大きく貢献する番号です。

携帯電話料金の未納でブラックリストにのることがあるので要注意

特に借金もなくローンも組んでいないのに、クレジットカードを新規で作ろうとしたらカード会社の審査に通らなかった。このような場合、考えられる理由はいくつかあります。年収や勤続年数の問題などがありますが、そもそも審査の基準はカード会社によって違うものですし、公開はされていません。また審査に通らなかった理由も基本的には教えてもらえないものです。ですが最近、携帯電話料金の未納が原因でブラックリストにのる人が増えています。
携帯電話がスマートフォンが主流になったことで、本体価格が以前と比べて高額になりました。そのため、一括購入にせず月々の携帯電話の使用料とともに分割払いにする人が増えています。こうすることで高額な本体でも、気軽に手にすることができます。ですが、この本体の分割払いも立派なローンなのです。
つまり、この場合携帯電話料金の未納は、ローンの返済が滞っていることと同じです。携帯料金が未納の場合、3週間もすれば通話停止になりますが、3カ月たつとローン返済が滞っているということでブラックリストに登録されてしまうようです。そうならないためにも、分割払いはローンなのだという認識をきちんと持つことが大切です。

無職でも審査にとおる?

審査基準も複雑で、実は無職で安定した収入が本人にない場合でもクレジットカードやカードローンは審査に通ることもあります。無職でも審査にとおるの?

クレジットカードより便利なカードローン審査に通過するため要点7つ

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧