クレジットカードの審査に影響する年収

クレジットカードを作るきっかけは、たくさんあります。社会人になり、自分に収入があるようになった時や、海外旅行等に行く際にも、クレジットカードは必要になる場合もあります。一番には、やはり、カードは便利でありますから、一枚は持っていたいものであります。カード払いは、その場では、現金は必要ありませんが、勿論、最終的には支払う訳ですから、収入の予定があったり、引き落とし口座に預金がある場合に、安全に使うことが出来ます。
クレジットカードを作る際には審査が必要です。カード会社の基準で審査しますが、内容はカードの種類によっても違うので一概には言えませんが、年収や、一定の収入、支払い能力があることが重要でなってくる場合が多いです。
その他では、保証の確認等、信用に関するチェック等を受け、全ての項目がクリアした場合に、カード会社は、カード発行の手続きに入ります。また、クレジットカードは、年収等によっても、作れるカードの種類は幅広くなります。

勤続年数も審査基準

クレジットカードを作る場合、まず審査を受けてその審査に通ることが大前提になります。この審査で調査される項目はいろいろありますが、その一つに「勤続年数」というものがあります。カード会社は、ショッピング枠でお金を立て替えたり、キャッシング枠でお金を貸すことになるので、利用者の信用というのはとても重要なポイントになります。カード会社が求める優良顧客というのは、安定した収入がありきちんと支払いができる人です。
そういった意味では、収入面も含めて勤続年数というのは大きく影響します。一般的にカード会社では、最低ラインとして勤続年数は1年以上と規定を設けているところが多いです。そのため、1年未満となる場合は低い評価となり狭き門となってしまいます。ただし、学生時代から使用しているクレジットカードの場合は、エスカレーター式に継続して使用できるケースが多く、新社会人で勤続年数が1年に満たない場合でも、入会できるように審査のハードルを下げているところもあります。

審査に自信がないなら・・・

クレジットカードではなくカードローンを選択することで、簡単にカードを持つことができます。審査も即日完了のものが多く、自由にお金を引き出すことができるカードローンは、現在ではクレジットカード以上に人気のアイテムです。
>>>入社1年未満でも持てるカードローン審査通過のポイントはコチラから

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧