過去に契約解除したクレジットカードは審査に通るのか

契約していたクレジット会社のカードを過去に契約解除してしまっている場合、同じクレジット会社のカードを再度契約することはできるのでしょうか。結論から言うと、契約しなおすことは可能です。ただし、金融事故を起こして強制解除された場合は例外です。この場合は申込みをしても、審査すらしてもらえないでしょう。なので、再度クレジットカードの申込みができる条件は、原則として自己都合で過去に契約解除してしまった人のみとなっています。

また、今の条件で申し込みをした上で審査に通過できなくては、当然、クレジットカードを発行してもらうことはできません。過去の契約解除が審査に影響することはありませんが、現在の自分が持っている条件は影響してくるので、ゼロからの新規契約と同じものとして捉えておきましょう。

もし以前の申込み条件と変わっていないのなら、顧客情報は残っているので、簡単な審査で再発行してもらうことも可能です。いずれにしても、再度申し込みをしてみることです。

クレジットカードの審査は信用の積み重ね方

クレジットカードを作る時に個人の信用が重視されます。クレジットカードは一見、自分のお金でショッピングや公共料金の支払いをしますが、形式をみれば借金をすること同じものです。そのためクレジット会社は、消費者がきちんと支払いしてくれるかというリスクを背負わなくてはいけません。
そこで借入をする時と同じように審査が必要になるのです。この審査に影響するのが、個人信用情報と呼ばれている個人の信用が記録された情報です。この信用の積み重ね方次第で、審査に通過しやすくなります。

では、その信用の積み重ね方ですが、きちんと返済をしていくという至極簡単なことです。クリーンな履歴を作っていくことによって信用も上がるのですが、つまり、そういった人であるとお金に対する姿勢が評価されるので、クレジット会社も少ないリスクでお金を貸すことができるのです。信用をあげたいとおもったら、正しくクレジットカードを利用すること、これ以外にはありません。

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧