信用情報機関とは

信用情報機関とは、個人の信用力を客観的なデータとして収集し、提供・管理する事業を通じて消費者とクレジットカード会社やローン会社との健全な信用取引を支えている機関です。会員会社から集められた信用を情報を一元管理し、それを各会員会社の照会に応じて提供しています。会員会社とは消費者金融やカード会社、金融機関、リース会社、などです。会員会社は登録されている信用情報を確認することで、消費者の信用力を正確に把握できるようになります。

例えばクレジットカード会社は消費者からクレジットカードの申し込みがあった際に他社での利用状況や過去に事故情報が無かったかなどを調べることが出来ます。申込者の自己申告では過去に滞納や自己破産などの事故情報を得ることが出来ないため、正確な個人情報が必要になります。また、消費者への無理な貸付や消費者の無理な借り入れを未然に防止することで消費者の利益を守る役割も担っています。信用情報機関とは、クレジットカードやカードローンなどが広く浸透する社会において必要不可欠な組織となっています。

審査不合格に納得できない場合に利用できる情報開示請求とは

金融機関のキャッシングやローン商品を利用するためには各金融機関の審査をパスすることが当然必要になってきます。しかし、思いもよらず審査不合格の通知を受け取ってしまい納得がいかない思いを抱いた経験のあるかたも多いでしょう。審査の基準はそれぞれの金融機関によってさまざまですが、どの金融機関でも審査の際には個人信用情報機関の登録情報を利用しています。この登録情報に支払い遅延などの事故情報が登録されていれば融資の審査に通るのが難しくなってしまいます。

このような場合、金融事故を起こした覚えのないかたやどうしても審査不合格の理由を知りたいかたには、信用情報機関に対して情報開示請求をおこなうという手段があります。情報開示請求とは信用情報機関が保有する氏名や生年月日、勤務先といった基本的な個人情報や、金融機関との契約内容および取引状況などの情報を開示するよう請求するもので、各信用情報機関によって開示請求の方法は若干異なりますが携帯電話やインターネットから簡単に申し込むことが可能です。

開示された登録内容に誤りがあれば調査の依頼をすることもできます。このように情報開示請求とは、金融機関のわかりにくい審査に対して個人がおこなうことのできる数少ない手段の一つといえます。

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧