クレジットヒストリーとは、積み重ねる個人信用情報。

クレジットヒストリーとは今までカードを利用してきた履歴です。カードを利用してきた履歴ということはカード会社に立替えてもらっていた分を『返済する・返済してきた履歴』ということになります。クレジットカードヒストリーとは、毎月積み重ねる個人信用情報であり、延滞がなければ良い履歴となり、延滞してしまえば悪い履歴となってしまいます。そもそもクレジットカードを作らなければクレジットヒストリーとは貯まらず、まずはどこかのクレジットカード会社に申し込んで、個人信用情報機関の審査を通り、カードが使えるようになってから...というプロセスが前提となります。

海外、例えばアメリカで長期滞在や移住をする場合は、現地対応のクレジットカードを作る必要があります。
これは、アメリカがカード社会であり、多くの支払いをカードで済ませることができるため便利であるからというだけではありません。カードを使った履歴という個人信用情報が多くの買物に反映される社会であるからでもあります。

特に車や不動産を購入する際にはクレジットヒストリーという個人信用情報の積み重ねをチェックされ、クレジットヒストリーが足りないと、高額商品やサービスが購入できなかったり、ローンが組めなかったりするのです。車社会であるアメリカではガソリンスタンドにてカードを使って地道にクレジットヒストリーを貯めることができますし、もちろん家賃、水道光熱費をカード払いにすると貯まります。しかしその場合も、まずはクレジットカードを作ることから始めなければならないことはどの世界でも同じなのです。

クレジットスコアとは?

クレジットスコアとは正式にはクレジットカードスコアです。クレジットカートの使い方に点数を付けた信用の偏差値のことです。返済が滞ったりするとスコアは低くなるものです。日本ではあまり聞きなれない言葉かもしれません。アメリカではこのクレジットスコアが人々の生活に大きく関わっています。住宅ローンの審査や転職時や転居時にその人の信用度を測るものとなっています。カードは非常に便利ですが、計画なく使い返済が滞っている人は計画性のないだらしないという評価がつくようです。

アメリカでは、貯金利息、ローン金利もこのクレジットスコアで変わってきます。さらにアメリカの企業はこのスコアを非常に重く見て、雇用するときの大きなものさしとなっています。その人の性格をクレジットカードの使い方で判断します。日本では個人情報保護法が重要視されこの制度はうまく機能しないかもしれませんが、アメリカでは当たり前のように使われています。しっかりとした計画を持って使用すればなんの問題もありません。近い将来日本にも同じような制度が導入されるかもしれません。クレジットスコアとは日本でもこれからの生活にどんどん取り入れられ当たり前になるかもしれません。

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧