個人信用情報はカードを作る家族の審査に影響しないのか

個人信用情報は、世間ではブラックリストと呼ばれています。これは、キャッシングやクレジットカードを利用して返済の延滞をした場合に、その情報が記録されるものです。また、借金が返済できなくて債務整理をした場合にも事故情報として記録され、この場合は、数年間は新たなキャッシングやクレジットを作ることができません。つまり個人信用情報とは、個人の信用を図る記録であり、この記録を基準にキャッシングなどの審査を行います。

さて、問題は家族の審査には影響しないのかということです。例えば、家族がクレジットカードを作りたいとなったときに当然、審査されますが、この審査に家計を共にしている家族の個人信用情報が影響するとなったら、まず審査に通過することはできないでしょう。これに関しては、家族の審査には影響しないと言えます。あくまでも、"個人"の信用なので、評価されるのは審査される人の情報だけです。ただし、主婦や学生など配偶者や親の承諾が必要な場合は影響します。

18歳以上のクレジットカード審査には親権者の信用情報が必要か

クレジットカードは、最低でも18歳以上(高校生は除く)にならなくては作ることができません。原則としては20歳以上からですが、クレジット会社によっては18歳以上からなら申込み可能な業者もあります。ただし、未成年や学生の場合は親の承諾が必要です。クレジットカードを作る時には個人の信用を基に審査されて、この審査に通過できたらクレジットを手にすることができますが、未成年や学生は審査する信用すら持っていません。

そのため、親の承諾と共に、親権者の信用情報で審査されるようになっています。信用情報とは、平たく言うと返済能力の有無です。返済能力があると判断されればクレジットカードを発行してもらうことができますが、信用が無い未成年や学生がクレジットカードの申込みをした場合は親権者の信用情報、つまり、親の返済能力で発行できるかどうかが判断されるという事です。いずれにしても親次第ということですので、良く相談してから申込みをしましょう。

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧