ブラック情報とは異動情報に事故や延滞の記載があること

クレジットカード審査に落ちた際にやってはいけない3点

世の中には、様々な金融機関が存在し、多くの人が利用しています。金融機関には銀行系の金融会社や消費者金融などがあげられます。クレジットカードを作成したり、様々な融資を受ける為には、これらの金融会社に申し込みを行い、審査に通る必要があるのです。審査に通るためには、ブラックリストに載っていないことが前提となるのですが、これをブラック情報と世間では呼んでいます。ブラック情報とは、個人信用情報の異動情報に事故情報や延滞情報の記載がされていることを言います。このような状況の人は金融機関から融資を受けたり、ローンを組むことが難しくなるのです。

前述したように、ブラック情報とは個人の信用情報を管理している機関で取り扱われており、この異動情報に過去に金融事故などの事故情報、料金の支払いを延滞をしたなどの延滞情報などをデータで管理しているのです。クレジットカードを作成したり、サラ金などの金融会社からお金を借りる場合は、この個人信用情報にブラック情報が記載されていないことが必要となってくるのです。これが記載されている間は、金融会社の審査に通ることはありません。例えば事故情報には任意整理を行ったなどの情報が記載されているのです。信用情報は個人で問い合せて確認することも可能となっています。

3ヶ月間支払い遅延した場合は確実に事故情報扱いになるでしょう

借入を利用して返済の延滞をした場合には、その情報が個人信用情報機関へ登録されます。個人情報信用機関とは、いわゆるブラックリストと呼ばれる情報が記録されている機関です。厳密に言うとブラックリストというものは存在せず、個人信用情報機関に登録されている事故情報がブラックリストと呼称されているにすぎません。この事故情報の内容ですが、返済の延滞をした場合に債務者の過失として、個人信用情報機関に延滞情報が記録されます。

さて、問題は1ヶ月でも延滞したら事故情報扱いになって記録されてしまうのかということです。結論から言うと、1度でも延滞をすれば記録されます。ただ、1度の延滞の場合は引き落とし日を忘れていたなどもあるかもしれないので、考慮してもらうこともできます。2ヶ月延滞した場合も大きく問題視はされませんが良くはありません。ただ、3ヶ月間支払い遅延した場合は、確実に事故情報扱いになるでしょう。3ヶ月間支払い遅延が事故情報扱いになる一つのポイントとして覚えておいてください。

クレジットカード審査に落ちた際にやってはいけない3点

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧