クレジットカード複数申し込みで審査に通らない、申込みブラックとは

クレジットカードを作るには、まずは審査に通過できなくては意味がありません。審査の基準はクレジット会社によって異なるため、一概にどの条件を満たしていれば通過できるとは言えないのが問題です。

そのため、とりあえず申し込みをしてみないことには審査に通過できるかどうかは分からないでしょう。となると、数打ちゃ当たる方式で複数のクレジット会社に申し込みをしてみようと考える人もいます。しかし、実はこの方法は良くないのです。

今回はクレジットカード審査に大きく影響する、複数申し込みブラックについて紹介します。

同時に複数クレジットカードを申し込むと審査に通らない!申込ブラックとは?

クレジットカードの審査基準には諸々の条件がありますが、その条件の中には申込履歴の情報も考慮されています。審査の基準となるのは、信用情報機関の登録内容が基になっていますが、この情報機関に過去の申込履歴も登録されています。審査に通過できた・できなかったは関係なしに、申込みをした履歴が記録されこの記録は半年経たないと消えません。

そして、この履歴が審査に影響する問題点は、申込みブラックになってしまった場合です。

クレジット会社に同時期に複数申し込みをすることで申込みブラックとして認定されてしまいます。申し込みブラックの基準は、1ヶ月のうちに3件の申込みで、これにより事故情報とし記録され申込みブラックになります。

申し込みブラックに登録されてしまった場合は、新規にクレジットカードの申し込みをしても通過できないでしょう。

複数申し込みの申込ブラックが審査に影響する理由

そもそもクレジットカードの発行には個人の信用が必要ですので、短期間のうちに何件も申込みをする人に信頼性は無いと判断されてしまうのです。そして、先述したように申込履歴は半年経たないと消えないので、申込みブラックの情報も半年間は消えないという事になります。となると、半年はクレジットの申し込みをしても発行してもらえないので、気をつけて申し込みすることが大切だということです。

つまり、無闇に複数申し込みするのではなく、審査に通過できそうなクレジット会社を選ぶことが大切です。

クレジットカード審査に落ちたら気を付けるべき3事項

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧