信用情報はクレジットカードを作る家族に影響するか

個人信用情報は、世間ではブラックリストと呼ばれています。これは、キャッシングやクレジットカードを利用して返済の延滞をした場合に、その情報が記録されるものです。また、借金が返済できなくて債務整理をした場合にも事故情報として記録され、この場合は、数年間は新たなキャッシングやクレジットを作ることができません。つまり個人信用情報とは、個人の信用を図る記録であり、この記録を基準にキャッシングなどの審査を行います。
さて、問題は家族の審査には影響しないのかということです。例えば、家族がクレジットカードを作りたいとなったときに当然、審査されますが、この審査に家計を共にしている家族の個人信用情報が影響するとなったら、まず審査に通過することはできないでしょう。これに関しては、家族の審査には影響しないと言えます。
あくまでも、"個人"の信用なので、評価されるのは審査される人の情報だけです。ただし、主婦や学生など配偶者や親の承諾が必要な場合は影響します。

個人の信用情報に事故情報が乗っていると最低5年間はカード発行できない

世の中には、クレジットカードを所有している人が数多く存在しています。クレジットカードを所有していると、現金を持っていなくても様々なことで使用することができるので便利です。
例えば、家庭の電気料金や通話料金、外出時の食事代、ガソリンの給油、ショッピングなど色々なことで使用することができるのです。またローンを組んで電化製品などを購入することもあります。しかし誰もがクレジットカードを所有できるわけではありません。クレジットカードを作成するためには、まずクレジット会社の審査に通る必要があるのです。クレジット会社の審査には、まず対象者に支払い能力があるかなどがチェックされます。当然、月々の稼ぎなども要素のひとつです。この場合、キャッシングの枠が希望の額にならない場合もあります。
しかし、クレジットカードを作成するうえで最も重要となってくる審査が個人の信用情報機関に事故情報が載っていないことが前提となってきます。これが載っているとカード発行できないのです。例えば、過去に債務整理などを行っている場合は信用情報に事故情報が記載されます。自己破産の場合は、破産後最低5年間は事故情報が載ります。また自己破産以外の債務整理においても完済後事故情報が消去されるまで最低5年間はカード発行できないようになっているのです。

7年間消えない自己破産に関する情報がカードの再申込みに影響するのか

借金の支払いが行き詰った挙句に自己破産の認定を受けますと、官報にその情報が記載されるとともに、個人信用情報機関にも内容が登録され7年から10年の間に渡って保存されることになります。破産者がクレジットカード利用における負債を抱えていた場合には、クレジット系の個人信用情報機関に情報が残されることになりますが、その期間は7年間とされていますので情報は7年間消えないということになります。なお、クレジット会社のそれぞれが独自に情報を保管している場合がありますので、7年を越えて情報が残っていることも考えられます。
10年が経過しますと、殆どの個人信用情報機関からも自己破産に関する情報が抹消されていることになりますので、再度クレジットカードを申し込もうと考える人も少なくはありません。確かに、7年間消えないクレジットに関する情報も、それ以外の10年間は消えない情報もそれぞれの個人信用情報機関には残っていないわけですので、申込みの際の審査には通りそうな気がするかもしれません。しかしながら、クレジット会社が独自の情報を元に判断を行うケースも少なくはありませんので、カードが発行されるかどうかは一概には何とも言えないのが実状なのです。

クレジットカード審査にお困りの方

クレジットカード審査が通るか不安ならば、すぐに審査・最短即日融資可能なカードローンを試してみたらどうですか?
カードローン審査通過の7つのコツはこちらから

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧