クレジットカードは本人限定受取郵便で郵送してきます

クレジットカードは5枚くらい持っています。5年前までは借金が嫌いなこともあってクレジットは借金とのイメージから加入することも考えてはいませんでした。

しかし、家電量販店のカードがクレジットカード専用になるとのことで、ポイントを逃さないために仕方なく切り替えました。使ってみて初めて知ったことは1回払いなら金利や手数料もかからず購入価格のままの支払いで済むことでした。最初は不安だったのでそのことを店員に何回も確認してしまいました。今ではポイント稼ぎのために極力支払う場面では常にクレジットカードで払うよう心がけています。

その直後は立て続けに3枚くらい加入し、最近では久しぶりに1ヶ月ほど前に現金専用カードのものをクレジットカードに切り替えました。理由はポイントが1万5千点という高額となりカードを紛失すると損をするのですが、カードに切り替えれば紛失してもポイントは復活するからです。カードは今までとは違って本人限定受取郵便で郵送してきました。不在だったので郵送担当の郵便局に行くと、自宅での受取が必要なので渡せないとのことでした。本人限定受取郵便には不便さを感じましたがその分セキュリティへの配慮も感じました。

クレジットカードの自宅郵送は気まずいので、郵便局留めがいいですよね

クレジットカードやローンカードを家族に内緒で作りたい時に、一番ネックになるのが、「自宅郵送」のシステムですよね。 このシステムのせいで大変な経験をされた方も多いと思います。
特にクレジットカード系は「自宅郵送」が必須となっているものが、ほとんどと言っていいでしょう。私も過去に、郵便局に身分証明書持参し、「自宅郵送を、郵便局留めとして此処で受け取る事はできないでしょうか。」と交渉に行った事がありますが、「それは出来ません。」と一蹴されました。私の経験ですと、クレジット会社や大手の消費者金融では、郵便局留めでの対応は無理なようです。私の知り合いの中には大手クレジット会社にて、電話でのやりとりの際に郵便局留めを御願いして対応してもらった人間もいるのですが、非常に稀なケースだと思います。でも、だめもとで御願いしてみるのもいいですよね。

その点、中小消費者金融の中には「郵便局留め」にて対応してくれる業者は結構ありますので、どうしても家族に内緒にしたい時、機能は違うでしょうがこちらも御検討されてはいかがでしょうか。

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧