クレジットカードの審査は独身だと厳しくなる?

クレジットカードの審査は独身だと厳しくなってしまうと言われています。独身であることは、世帯収入が限られてしまうこともあり、クレジットカードの審査に引っかかってしまうことも考えられます。クレジットカードは、とても大きな価値があります。世の中には、とても多くのクレジットカードがあります。最適なものを選んでいくことは、とても大切です。

独身であるということは、家族を持っている人よりは、様々な点で不利になりやすいです。独身でも、きちんと連絡を取ることが出来るような家族がいれば、審査に通過しやすいです。審査に通過していくことは、カードを作成していく上で、不可欠なものです。様々なことを考慮して行われていくものであり、家族構成なども大切なポイントになっています。様々なポイントをきちんと把握しておくことでも、カードを作っていく上では、とても大切です。こうしたカードには、とても大きな魅力があります。様々な魅力があることによって、多くの人が利用しています。

審査に通過できなかった独身の方でも、カードを作れるもうひとつのチャンスがあります。

それは審査無しで利用できるクレジットカードに申し込むことです。興味をもった方はリンクからどうぞ。

公営住宅居住だとクレジットカード審査に通りづらい?

クレジットカードの審査基準には年齢や勤務先、年収などさまざまな要件があります。居住形態もその要件のひとつです。持ち家のかたは当然財産を持っているとみなされますのでそれだけ信用度が高くなります。さらに官舎にお住まいのかたはもちろん公務員でありますし、社宅にお住まいのかたは社宅を提供できるだけの規模を誇る会社にお勤めのかたであるということになりますので、やはり信用度が高くなりクレジットカードの審査に通りやすくなります。

反対に審査に不利な居住形態は賃貸物件に住んでいる場合です。なかでも収入要件が入居基準のひとつになっている公営住宅におすまいのかたは少々不利になります。ただし公営住宅に住んでいるからといって必ず審査に通らないわけではありません。居住形態は家族と同居あるいは一人暮らしの場合でも評価が異なってきますし、年収や勤務状況などの重要な基準を満たしていれば基本的に大丈夫です。ですから公営住宅に住んでいるからといって特に心配する必要はないでしょう。

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧