高齢者、年金受給者がクレジットカードの審査に通らない理由

クレジットカードの審査に通過するためには、様々な要素で一定の基準に達していなければなりません。「収入が安定している」という一要因だけでは、必ずしもクレジットカード審査に通るとは限らないのです。

今回はその一例である、年金受給者のクレジットカード審査について紹介します。

年金受給者はクレジットカード審査に通りやすい

クレジットカードを所持するには、カード発行会社の審査を通る必要があります。審査では申し込んだ人の現在の収入や職業、過去のクレジットやキャッシングの利用内容などを調べて、カードを発行するか否かを決めます。

定期的な収入のある人はカード会社には優良なお客様なので、ほぼカードが発行されます。よって高齢者は年金を受給していますので、年金を継続される収入として見た場合は非常に優良なお客様と見做されます。会社勤めと異なり、年金受給は当人の生きている限り続くためです。年金を受給している高齢者がクレジットカードを所持するのはとても容易いですが、一方で高齢者ゆえの制限もあります。

安定収入であるはずの年金受給者がクレジットカード審査に通らないパターン

実は65歳以上の高齢者は、クレジットカード審査に通りにくくなる場合があります。年金という定期収入がある高齢者ですが、同時に高齢であることは急死することによる貸し倒れのリスクも持っているとみなされるのです。

また過去の病歴、特にがん患者などは保険に加入する場合と同様に、カード審査の通過も厳しくなります、。場合によっては極端に高齢な人、介護対象となっている人は審査に全く通らない事もあり得ます。

高齢ゆえに審査が通らない人がクレジットカード審査に通るための方法

もし審査が通らなかった場合、高齢者の方におすすめのカードがあります。それは審査に落ちた方でも大丈夫なACマスターカードです。他のクレジット会社とは違う信用機関を元に審査しているため通りやすいのです。

また、より確実にクレジットカードを持ちたいのならば、家族の他の誰かが所有しているカードの家族カードという形での発行が良いとされます。元となるカードの審査基準に準じて発行されるので、新規申し込みが通らない人でもカードが所持できる利点があります。

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧