個人事業主はクレジットカードの審査が厳しくなるのか

個人事業主がクレジットカードを作ろうとする時には、会社員に比べて審査が厳しくなることが多いようです。その理由としては、収入が安定していないことが挙げられます。クレジットカード会社では、資金が回収できなくなることを一番に回避するため、会社員より収入があると言っても、将来にわたっての保証がない個人事業主には審査が厳しくなるのです。しかし、基準は金融機関は教えてくれないのであくまでも目安ですが、ある程度の条件が揃えば個人事業主でもクレジットカードを作成することができます。

その方法には、二種類あります。一つは無審査のクレジットカードとは言わないまでも審査が厳しくないカードを選ぶという方法です。個人事業主でもOKというカード会社もあるのです。もう一つは、実績を提示する方法です。過去の年間の収入などを提示します。

税金の納入の履歴などは公的なものですので信用度が高くなります。長い期間安定した収入を得ていることが証明できれば信用度が上がります。そして、そのカード会社に関連している銀行に多額の預金があると、一層信用度は増すようです。その後の審査は申し込んだカード会社によって異なりますが、とにかく収入が長期にわたり安定してある、財産があるということを提示するとよいようです。

クレジットカードの審査基準はNPO法人に厳しいのか

現金を持っていない時でも簡単にお買い物ができるクレジットカード。作れる年齢になると大半の人が持つようになるのではないでしょうか。もちろん、収支がはっきりしなくなる、なんとなく借金のようで嫌、というような理由から持たない人も少なくないでしょう。しかし、ポイント制度や、旅行保険等の特典を考えると、現代のお給料が伸びない時勢では、積極的に使っていきたいものです。

クレジットカードと言っても、様々な種類があり、その特徴や発行する会社によっても審査の基準は異なります。一般的には、安定した収入がないと審査を通ることは難しいとされ、「クレジット」の言葉が表すように社会的信用が審査における重要事項であるといえます。また、他のクレジットカードやローン等で延滞のあった場合にも失格となる可能性が高いとされます。

もし審査に落ちてしまった場合は、審査に落ちた方でも大丈夫なACマスターカードをおすすめします。一般のカード会社とは異なる信用機関を用いているため通りやすいのです。

また、法人でカードを作ることも可能ですが営利を目的としないNPO法人などは、その審査も厳しくなることが多いようです。NPO法人の経営者や職員などにおいては、個人としてクレジットカードを作成することも難しいかもしれません。

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧