クレジットカード申し込み時の審査と途上与信について

クレジットカードがほしいと思っても、誰でもが簡単に持てるるわけではないのです。カード会社に入会の申し込みをし、その審査にパスしなければなりません。クレジットカードはお金に換わって決済に利用されるものです。ですからカード会社はこの人なら大丈夫、信用できると判断した人にのみカードを発行するのです。カード会社は一定の基準で会員の信用度をチェックします。審査は会社によってとても厳しいところ、比較的ゆるやかなところなどさまざまです。

クレジットカードが発行された後でも、カード会社は利用者がどのようにカードを使っているのかを定期的にチェックしています。クレジットカードの利用履歴、キャッシングの利用履歴や返済履歴、金額などを調べ、利用状況を判断します。これを途上与信といいます。途上与信は途上管理、途上審査とも呼ばれます。途上与信は利用限度額の再設定、延滞発生の防止、不正カードの防止などに利用されます。途上与信は個人信用情報機関を通して行われますので、自社発行のカードだけでなく、他社発行のカードの利用状況等も把握されます。

個人信用情報登録機関の信用開示について

キャッシングやクレジットカードの申込みや利用をした際に、その情報が個人信用情報登録機関に登録されています。具体的な登録内容は、「申込み時に報告した個人情報」と「現在と過去の利用履歴」です。この情報は、金融業者が申込者の審査の基にする情報ですので、基本的に消費者が目にすることはありません。

ただし、個人信用情報登録機関に連絡を取ることで、信用開示をしてもらうことも可能です。信用開示してもらえば、自分の情報がどのように登録されているのか確認できます。情報の開示自体は難しいことはありません。受付番号に電話をかけて開示の受付番号を入手すればネットから情報を開示することができます。

ただし、開示には費用がかかります。受付番号を入手した時点では費用はかかりませんが、開示してもらった時に信用開示手数料が必要になります。開示金額ですが、開示方法や信用情報機関の種類によって金額が変わるので一概にいくらとは言えませんが、1000円以内で開示してもらうことができます。

クレジットカード審査に不安な方へ

クレジットカード審査に不安な方は、より審査の成功範囲の広い「カードローン」を試してみてはいかがですか?
カードローン審査通過に向けての7つの点

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧