クレジットカードの審査が不要な業者は基本的には無い

審査なしのクレジットカード会社は基本的には無いと考えていた方が良いでしょう。勿論、広告などでクレジットカードの審査不要でお金を貸しますと宣伝している業者もいますが、それはあくまで程度の問題であり、どの業者も少なからず借入人のチェックを行うのが普通です。

クレジットカード会社が審査を行うのは、信用力の低い人に貸し出してしまい、貸したお金が返ってこなくなってしまうのを事前に防ぐためです。これを一切不要にするという事は、相手が例え泥棒や自己破産申請者であってもお金を貸し出すという事になります。貸金業者も慈善事業ではありませんので、さすがにお金が返ってくる可能性が殆ど無い人は貸し出さないのが普通なのです。

クレジットカードの審査のプロセスにおいては、借入人の収入状況や保有資産状況などがチェックされます。また借入人の信用力を入念にチェックするような貸金業者の場合だと、他社から借金をしていないかだとか、既存クレジットカードの支払を延滞していないかといったかなり細かい点までチェックされます。

この点、審査が甘いクレジットカードであれば、よほどの事情がない限り貸してくれますが、その基準は業者によってまちまちなのです。例えば、大手都市銀行や信託銀行などの銀行系の貸金業者は基準は厳しい傾向があります。他方、地方銀行や街中にあるような中小の貸金業者などは基準が甘い傾向があります。但し、先述の通り、甘いといってもチェックが一切無いというケースは殆どありません

審査の通りやすいカードの作り方

かつてはクレジットカードは社会的ステータスの象徴とされていましたが、近年では一定額以上の定期的な収入があればフリーターでもカードを持つことが出来ますし、配偶者に収入があれば主婦でもカード所持者になれます。一方で、世間では未だにクレジットカードも持てない人は一人前の社会人ではないという風潮が残っています。世間の偏見はともかく、クレジットカードを一枚持っていれば万が一の急な出費の時にも困ることが無いので、持てるのならばもっておいて損はありません

しかし、クレジットカードの審査に落ちてしまって持つ事が出来ない、という人もいます。審査に落ちる理由は様々ですが、クレジットカードの審査基準は一枚岩ではないので、会社によっては審査のゆるいカードを扱う所もあるのです。クレジットカードは発行する会社によって幾つかの系統に分かれます。その中でも審査のゆるいカードと言われているのが流通系消費者金融系のカードです。流通系とは、主にスーパーや量販店などの小売会社と提携したカードのことで、それぞれの店の独自のサービスを受けられるのが特徴です。その性質上、所持している人は主婦が多いので審査のゆるいカードといえます。消費者金融系とは文字通りサラ金会社が発行しているカードです。サラ金会社は金を貸すのが仕事なので、他の会社のカード審査に落ちた人であってもカードを持つことが出来る可能性が高いです。

クレジットカードとしての機能は必要最低限のものだけですが、最も審査のゆるいカードなので確実にクレジットカードを持ちたいのであれば消費者金融系への申請が最良の選択になります。

カード審査に通過するには7つのコツがある!

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧