カードの審査で落とされる、発行拒否の理由とは

クレジットカード審査に落ちたとき気をつけるべき3つの重要事項

クレジットカードの審査は、きちんと年収のある人でしたら、正社員や非正規職員などの区分には関わらず基本的には落とされたり、発行拒否を食らったりすることはありません。審査に落とされる理由は、まずは年収が極端に少なく、生計を共にしている家族もいない場合です。こうした場合には、カードを使用した場合の債務の回収が危ういため、審査に落とされる場合があります。
また、過去に借金、ローン、奨学金などの支払いを滞納した、裁判所から強制執行を受けた経験があるなど、信用情報機関の事故情報(いわゆるブラックリスト)に登録されている場合には、年収の多寡や家族の有無にかかわらず発行拒否という結果になってしまう場合が多いです。 発行拒否をされてしまう、そんな経験のある方におすすめのカードがあります。それは審査が無しでも申し込み可能なクレジットカードです。ご検討してはいかがでしょうか?
それなりに年収もあり、家族もいて、ブラックリストに登録されるような心当たりもない。そういう方でもまれに発行拒否をされることがあります。こうした方がカードの審査に落とされる理由ははっきりとは明かされることはないので難しいところになりますが、大きな問題になりうるのは、信用情報が蓄積されていない、ということです。 信用情報とは、平たく言えば今までに借金をした記録です。クレジットカードやローンの分割払いなどをして、毎月の支払いをきちんとこなしている人は、借金を一度もしたことがないひとよりも、金融的には信用があるとされています。特に年配の方で信用情報が全くない人は、カード会社が発行をするのに二の足を踏むパターンもあるようです。

会社をクビ、退職してもクレジットカードは使えるか

今や、クレジットカードは日常生活に必要不可欠なものです。あまり積極的に使っていない人でも一年に数度は使わざる得ない場面に遭遇することでしょう。今でもなく、信用がないと使えないサービスです。
例えば、収入の無い人には殆ど場合、クレジットカード会社は発行してくれません。ですから、もし自分が会社をクビになったり、退職したりして収入が無くなったらどうなるのだろうか、ということを不安、疑問に思っていることでしょう。安心してください。会社をクビになろうと退職しようと別に取り上げられることはありません。無理なく、延滞せずに使っているならまったく問題ありません。ですから、心配しないでクレジットカードを使っていてください。何故、そんなことがわかるのか、と言いますと実体験です。会社をクビになったわけではありませんが、退職はしました。そしてしばらくは収入の無い状態が続いている時でもクレジットカードを使っていました。取り上げられることもありませんでしたし、キチンとお金を払っていればまったく問題なく使えるようです。これは実体験ですからほぼ間違いないでしょう。 もちろん、使い方には注意しましょう。これは別に収入があろうとなかろうと同じことです。とにかく便利なサービスであることは、間違いありませんから、しっかりと理性的に使うように心がけましょう。基本的にはそうすることによって、より生活が豊かに、そして便利になることでしょう。

クレジットカード審査に落ちたとき気をつけるべき3つの重要事項

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧