クレジットカードが兄のように欲しい

私には、歳の離れた兄がいます。私が小学生のころ、兄はすでに社会人として働いていました。小学生だった私の目から見ても、兄はいつも上等な洋服を着て、外国製の腕時計をはめていたので、おそらく相当高い給料をもらっていたのでしょう。 私はそんな兄を誇らしく思うと同時に、羨ましくもありました。私が兄を見ていて、一番羨ましく感じたのは、兄は何でも自由に買い物ができるというところです。休日になると、兄は私をよくデパートに連れて行ってくれました。兄は「欲しいものは何でも買ってやるぞ」といってくれ、私はそのたびにいろいろなオモチャを買ってもらいました。そして、オモチャを買うときに、兄は小さなカードを店員に差し出していたのです。母といっしょにスーパーに買い物に行くと、母はいつもお金を払って品物を手に入れます。ところが兄は、お金を払わず、カードを見せるだけで品物を手に入れるのです。小学生の私には、そのカードにどんな意味があるのかわかりませんでしたが、欲しいものが何でも手に入るそのカードには、何か不思議な力があるのだろうと感じていました。
それから数年後、兄が使っていたカードがクレジットカードというものであることを知ったとき、私はクレジットカードを欲しいと思いました。また、その当時は審査なしでクレジットカードが持てるとも思っていました。そして、ショッピングに出かけ兄のようにかっこ良くクレジットカードを使ってみたかったのです。私はさっそく、カード会社から申し込みの書類を取り寄せ、クレジットカードを申し込みました。
申し込みが通らない場合もあるでしょう。その時はACマスターカードをおすすめします。ACマスターカードの審査は他社の審査に落ちてしまった人でも大丈夫な仕組みになっています。

クレジットカードの利用限度額引上希望の本人確認の内容は簡単だった

クレジットカードを最初に作成したのは10年前の40歳くらいの時でした。それまでは借金が嫌いなので何でも支払う時は現金一括払いでないと気がすまなかったのですが、家電量販店のカードがクレジットカードに移行することになったので仕方なくカードに入会しました。
しかしカードを使ってみると、一括払いなら金利や手数料も不要なので現金を持つ必要がないというメリットで、逆に買い過ぎる事もありますが、カードの便利さには大変満足しています。そして、200万円ほどかかる自動車を購入した際、クレジットカードで支払ってポイントを稼ごうと思いつき、支払い限度額を引き上げるためにクレジットカード会社へ電話をすると、本人確認のため職場に電話をかけるとのことでした。休憩時間だったので良かったのですが、早速職場に電話がかかりその内容は名前を聞かれて返事をするだけでした。本人確認も簡単な内容だったので助かりました。
いよいよ自動車の購入金額を支払う時に全額カードで支払いたいことを伝えると、上限は30万円までとのことだったので残念な結果となってしまいました。2万円分のポイントは付きませんでした。

クレジットカード審査に落ちた際にご注意頂きたい3つのポイント

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧