クレジットカード審査で最も重要!在籍確認・本人確認を正しく受ける方法

クレジットカードの申し込みは、店頭での申し込みや郵送による申し込みがほとんどでしたが、最近はインターネットでも申し込みが出来る便利な時代になっています。その反面、不正な申し込みが増えるというデメリットもあります。

今回は、クレジットカード審査にとって重要な、本人確認を正しく受けるための方法について紹介します。

カード申込で勤務先に電話されるのは仕方ない!?

クレジットカード申し込みに対しての審査は、基本的には申込人の申告による居住内容・勤務内容、その他に信用情報による総合的な審査を行い、承認か不承認の判定をします。

その際、「本当に当人が記入した情報が正しいのかどうか」を判断するために、カード会社は勤務先への在籍確認電話や、本人確認のために保険証のコピー提出などを求めてくることがあるのです。

勤務先への連絡は、出来れば避けてほしいというのが本音だと思います。ですが、勤務先への在籍確認は拒否することはオススメできません。なぜなら会社連絡を拒否するということは、その人にやましいところがあるか、会社に連絡されると何が都合の悪いことがあるのかとカード会社に疑問を持たれてしまうからです。

会社に在籍確認が行く前に注意しておきたいこと

クレジットカード審査の際の会社への在籍確認は避けられないことであるが、それを対応する際は勤め先にカード会社から連絡が来る旨を伝えておくことをお勧めします。何故なら、会社における電話対応の方法によって審査に落ちてしまう場合もあるからです。

例えば、もし勤務先への電話が転送になると虚偽申し込みではないかと疑われる危険があります。勤務先電話が転送になる理由は外勤が多く本当に電話に出られないという場合もあるので慎重に対応をしなければなりません。

また、学生でアルバイト先への在籍確認が入った場合、対応した人が当人の存在を知らなかった場合に対応できない可能性があります。確実に在籍確認を通過するためにも、事前に勤務先に連絡しておいた方が良いでしょう。

審査通過後も続く、クレジットカード会社の信用情報調査

もし、本人確認ができてクレジットカードが発行になったとしても、それで終わりではなく審査はまだ続きます。常にカード利用者のクレジットカードやキャッシングなどの利用履歴・返済履歴の確認、また途上与信を行うことで他社のクレジットカードの利用状況や消費者金融の利用歴などを把握します。そこでお金に困っているような異常な利用が判明した場合には、限度額の引き下げや更新時にカードを停止するなどの措置をとり、未然に延滞発生や不正なカード利用の防止に努めているのです。

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧