支払い延滞遅延で審査が不利に

クレジットカードの基盤であるショッピング枠も、見方を変えれば借金をしているという事に変わりはありません。そのため、支払日に口座にお金が入っていないと支払いができないということになり、支払い延滞になってしまいます。さて、この支払い延滞が、新たに作るクレジットカードの審査に影響してくることはご存知でしょうか。審査には個人の信用が考慮されて判断するのですが、支払いの延滞があった場合は審査の足枷になるのです。

支払い延滞をしてしまうと、その情報は信用情報機関に登録されます。この信用情報機関の個人情報を元に審査されているので、もちろん延滞記録も考慮されます。ただし、1ヶ月や2ヶ月くらいの延滞なら、そこまで心配する必要はありません。もちろん延滞は良い事ではないですが、大きく影響するようなことはないでしょう。ただし、継続して3ヶ月延滞した場合はほぼアウトだと思ってください。お金は正しく使うこと、これに限ります。

クレジットカードの審査基準と申込内容不備の関係

収入も十分にあって過去に支払い延滞もしたことが無いのにクレジットカードの審査に落ちる人がいます。クレジットカードを発行するカード会社は、申込者の収入や職業、過去の支払い履歴や家族構成に至るまで、あらゆる面から審査をします。審査に落ちる理由で意外と知られていないのが申込内容不備によるものです。収入や職業で嘘の内容を書くのは論外ですが、わずかな誤字脱字であっても申込内容不備とみなされ、問答無用で落ちてしまいます。

申込書に対して非常に厳しいのはどのカード会社も同じですが、これは虚偽表示への用心の他にも、クレジットカードの申込書類すらまともに書けない人がカードを計画的に使えるとは思えない、という共通認識があるためです。クレジットカードの審査が通らないと嘆く前に、まずは自分が書いた申込書類に誤字脱字は無いか、念入りに確認してみることが大切です。申込用紙は店頭にたくさんあるのですから、書き損じたら新しい申込用紙で改めて作成をします。書類ひとつでも手抜きをせずに作成できる人がカードを持つ資格があると言えるのです。

審査に不利な事情が多い場合・・・

携帯電話料金の未納、過去に一度でも支払が遅れたことがある、借入をしたことがある、正社員ではないなど、様々な事情で審査は不利になります。この点、クレジットカードは審査が厳しいのでたいへんです。

クレジットカードの審査に通る見込みが少ない場合、何度も申込を続けて「申込ブラック」になってしまうとたいへんです。クレジットカードよりメリットの多いカードローンに切り替えて審査申込をしてみるのはいかがでしょうか。

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧