クレジットカードの審査に必要な勤務先規模と職種

クレジットカードを作る際には、審査があります。審査基準は、各カード会社のルールに従い、カードの種類によっても違う場合があります。勤務先規模や職種等も審査項目に入っている場合が多く、そう言った情報は、常に持ち歩いていないので、出先で急遽カードを作る際には、困ることもありますが、必要な項目である場合には、きちんとした情報が必要ですから、事前に確認しておくことも良い場合があります。勤務先規模や職種は、個人の信用性にもつながるので、必要な場合が多いです。
クレジットカード会社は、審査の際に、いくつかの項目について調べますが、勿論、その項目はクリアする必要はあります。カード会社は、個人に支払い能力があるかどうかのチェックが必要ですので、年収や勤続年数等も項目に入っている場合があります。また、保証関係の確認では、持ち家かどうかや家族構成等も項目にある場合があります。そう言った意味でも、クレジットカード獲得までの基準は厳しい場合もありますが、正確な情報を伝えて、クレジットカードを獲得し、活用することはとても素晴らしい事であります。

クレジットカードの審査と雇用形態

クレジットカードを作るには審査が必要とされます。この審査に考慮される基準は、年齢、収入、職業などと言った諸々の個人情報を基にされるのですが、雇用形態も基準のひとつに入ります。雇用形態とは、社長、正社員、契約社員、アルバイトなどですが、どういった形態で雇用されているかによって信用の高さも変わってきます。そのため、高い信用が得られる雇用形態であるほど、クレジットカードの審査にも通過してすくなっています。
では、雇用形態ごとに信用の高さを見てみましょう。雇用の形を信用の高さに並べてみると、「社長・オーナー>会社役員>会社員>派遣社員>アルバイト・パート>個人事業主」となります。ただし、社長でも会社の規模や利益によって信用は異なるので、雇用される形態プラス収入の安定性が評価されます。そのため、小規模な会社の社長と大企業の会社役員と比較したら、後者の方が評価が高くなることもあります。いずれにしても自分の条件で審査に通過できるという事が重要です。

派遣社員、アルバイトで審査の厳しい方へ

派遣社員やアルバイトの方でクレジットカード審査に不安があるならカードローンを試しませんか? カードローン審査通過の7つのコツはコチラ⇒

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧