「申込ブラック」に要注意

ブラックリストと言う言葉を聞いたことはあるかと思いますが、実はブラックリストというものは存在しません。正式には、個人信用情報機関に登録されている事故情報のことを、一般的に分かりやすくブラックリストと呼んでいるに過ぎません。そもそも、お金を借りるには個人の信用が必要なのはご存知だと思います。この信用がないとお金は借りれないのですが、この信用をはかるのに個人信用情報機関に登録されている情報が考慮されているのです。
このブラックリストの一つに申込ブラックというものがあります。申込ブラックの定義とは、1ヶ月間のうちに3社以上に申し込みをして審査に落ちた場合です。短期間のうちに何社も申込みをする人、しかも審査に落ちる人に信用はありません。そして、申込みブラックになると記録は3ヶ月間は消えないので、最低でも3ヶ月間はどこの金融業者に申込みしても審査に通過できません。なので、数打ちゃ当たるではなく、初めから自分の条件で審査に通過できそうな金融業者へ申込みしましょう。
もしかしたら、「審査に通過できそうな金融業者がない・・・」という方もいるかもしれません。実はそんな方でもカードをほぼ確実に作る方法があります。それは審査無しでも利用できるクレジットカードに申し込むことです。

クレジットカードの審査はアルバイトでも通るのか

クレジットカードの審査はアルバイトでも通過するのでしょうか。答えはイエスです。クレジットカードの審査に勤務形態は関係ありません。ただし、勤務期間が短い場合や、過去にクレジットの未払いがある場合は通らなくなることがあります。信販会社の審査には勤務形態についての申告を行う必要はありません。アルバイトであることを明示せず、勤務先のみを記載して申し込みを行えば問題ありません。もちろん派遣労働契約の場合も同様です。
アルバイトであっても勤務先への確認の電話は掛かってきます。大規模な勤務先の場合人事担当がアルバイトの名前まで把握できていない場合があります。できれば電話に取り次ぐ可能性のある担当者に、調査の電話が入る旨を伝えておいたほうがよいでしょう。
電話が掛かってくることを知られたくない場合もあると思います。その場合は、信販会社の担当者に個人的な電話であるかのように装ってかけてもらうことも可能です。会社名を名乗らずに呼び出してもらえるので、会社にばれることはありません。

勤務先への本人確認電話を回避する方法

クレジットカードよりも審査が早く、柔軟なカードローンを使えば、勤務先への本人確認をせずに済みます。審査とはいえ、勤務先に連絡を入れられてしまうとなんだかあまり気分のいいものではありませんよね。メリットも多いカードローンを検討してみてはいかがでしょうか?
>>>メリットの多いカードローン審査に通過するための7ポイント

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧