クレジットカード会社はどこで儲けるの?

クレジットカードを使っていて、誰もが一度は思ったことのある疑問がこれ。ポイントや旅行保険、その他の特典も充実しているクレジットカードが多い中、今では年会費無料は当たり前。分割払いを使えば分割金利手数料はかかるけど、そもそもたいした金額じゃないし、ポイント狙いで毎回一括払いで払っていると「クレジットカード会社は何で得しているの?」と気になるのではないでしょうか。

加盟店からの手数料収入

たとえば、クレジットカードであなたが10万円の買い物をした場合。そのお店はその10万円の支払いを、クレジットカード会社から受け取ることになります。しかし実際には、2%~5%程度の決済手数料をクレジットカード会社に取られてしまい、手元に来る金額は数千円減ってしまうことになります。

クレジットカード会社の大きな収入源はこの決済手数料です。

加盟店からすると、クレジットカードで支払ってもらうよりも、現金で支払ってもらった方が嬉しいということになります。10万円なら10万円、そのまま手元に来ますし、待たされることもありません。

しかし、「うちはクレジットカードの支払いは受け取りません」なんてことになれば、お客さんは来てくれるでしょうか?ここまで便利になって来たクレジットカード、今や持っていない人の方が少ないわけですから、使わせないなんてことをしていたらお客さんもつかなくなってしまいます。昨今のマイルブームで、みなさんクレジットカードに支払いをまとめるのが得意になっていますからね。

というわけで、加盟店は泣く泣くクレジットカードの支払いを受け入れる訳です。ちなみにカード会社によってもこの手数料は違い、アメックスやダイナースは手数料が高いし、無審査のクレジットカードは無いことで有名です。海外なんかでアメックスで支払おうとすると、「visaで払ってくれ!」とお店の人に言われるのはこのためです。

キャッシング枠の金利

もうひとつ、クレジットカード会社の大きな収入源が「キャッシング枠」を使った人から受け取る金利です。

通常のクレジットカードの支払いで使われるのは「ショッピング枠」と言います。これは一括で払えば分割の手数料はかかりませんし、「立て替えてもらっているだけ」という形になります。

しかし「キャッシング枠」は違います。キャッシング枠を使うということは「クレジットカード会社にお金を貸してもらう」ということになります。あまり変わらないようですが、少し違うんですね。

どうしてもカードが作りたい方はこちら

キャッシング枠の手軽さと金利

クレジットカードのキャッシング枠はアコムやモビットといったキャッシング会社の金利よりも高いことが多いようです。 しかしそれでも、数万円程度のお買い物であれば金利も数百円程度の違いですし、何よりすぐに使える手軽さやショッピング枠の限度額が少ないことから、このキャッシング枠を上手に使うクレジットカードホルダーも最近はとても多いようです。

クレジットカード会社は、ショッピング枠よりもキャッシング枠を使ってもらい、金利で収益を立てたいというのが本音としてあるようです。ショッピングのリボ払いが目的でクレジットカードの利用を考えている方には、リボ手数料よりも安いローンもおすすめです。

リボ払いなどはユーザーにとってはとても便利な使い方ですが、支払う金利の総額は高くなりがちですね。これはつまり、クレジットカード会社からすれば大きな収益源になるということ。リボ払いをテレビCMなどで押しているのもこのためでしょう。

こういったポイントでクレジットカード会社はしっかり収益を得ています。年会費無料のクレジットカードであっても、とにかくたくさん発行して持ってくれる人を増やしたいというのは、こういった事情があるため。

さらに、年会費をもらうことのできるゴールドカードもなるべくたくさん発行したいというのは、実はクレジットカード会社の本音みたいですよ。もちろんそれなりの審査がありますが、きちんと決済を行っている人であれば、そこまで邪険にする理由もないと言っていいようです。

その他のクレジットカード審査についてはこちら

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧