審査に通りやすい銀行系クレジットカード|審査に通る3つのポイント

銀行系のクレジットカード審査について

銀行系のクレジットカードの審査は、信販系や流通系その他のカードと比較しても審査の難易度が高く、社会的に信用の高い人のみが持てるという特徴があります。 一般的に、銀行系のクレジットカードというとハードルの高いイメージがあるので、「審査が厳しいから別のカードに申し込みをしよう、審査なしのクレジットカードを探そう、落ちること覚悟でエントリーしてみよう」という方もいます。 銀行系のカード審査は、新社会人や勤続年数が1、2年だと審査に通るのは難しいでしょう。 銀行系クレジットカードの審査基準としては

勤続年数がおおよそ3年以上


クレジットカードの利用履歴があり返済遅延がない


大手企業に勤めている

上の3つ全てに当てはまるなら審査は通りやすいです。
代表的な銀行系カードには、三井住友カード・UCカード・三菱UFJカード・JCBカード・DCカードなどがありますが、社会的ステータスのある憧れの銀行系カードが持ちたくても、なかなかこの条件を満たせる人は世の中でも限られてきますね。正社員としての雇用も減り、転職をする方もいるし、派遣やパートアルバイト、フリーターとして生活している方が多くいる昨今では、この審査基準は厳しいものがありますね。

銀行系クレジットカード審査に落ちる理由

銀行のクレジットカードの審査に落ちた人は、主に下の3つに当てはまります。 ・カードを持っていない又はカードの利用履歴がない。 ・年収が250万円以下 ・フリーターか主婦または勤続年数1年未満の正社員 以上に当てはまるなら審査基準の低めのクレジットカードを申込をしてください。 そこでおススメなのは、カードローン会社発行のACマスターカードです。 また、審査基準がクレジットカードよりも厳しくないカードローンにも挑戦してみたらいかがでしょうか。以下におススメのカードローンを紹介しています。

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧