返済の遅延などをしていないか

返済が遅れてしまったことはありませんか?

クレジットカードやカードローンの返済で、期日を過ぎて返済が滞ってしまったことはありませんか?

クレジットカード会社やカードローン会社が、契約に基づいてお金を貸す。そして銀行からの引き落としや返済期日までの振込によってそのお金を返してもらう。カード会社やカードローン会社では、貸したお金をきちんと回収する上でこの流れが適正におこなわれているかということをとても重視します。

もしも、返済が遅れてしまった際には、「現在のローンによるキャッシングの延滞状況」が信用情報機関に遅延として登録されてしまい、利用停止や次回の更新時カードが使えなくなってしまう可能性も出てきます。さらに、新たなカードを申し込む時に、登録されている情報がチェックされるため審査の時点で落ちてしまう可能性が高くなります。

ずばり言うと3か月以上返済が遅れると、しばらくクレジットカードは作れません
通常のクレジットカード会社とは違う信用情報機関を利用するACマスターカードも作るのが難しくなります。

カードの審査に落ちないためには、返済をしっかりおこなうのは言うまでもありませんね。

返済遅延履歴について

返済遅延履歴とは、銀行や信販会社、クレジットカード会社、消費者金融などが登録しているCIC・CCB・全国信用情報センターなどの「信用情報機関」に記録される事故情報のことです。

3か月以上の支払いの延滞が発見されたら、事故情報として遅延の状況が登録されてしまいます。

多くのクレジットカード会社がこの情報を参考にしているため、ここに記録が残ってしまうと返済遅延の過去がある人と判断されて新規のカード発行が難しくなります。

もしも返済期限を過ぎてしまったら・・・

返済期日を過ぎても返済が滞っていると、口座引き落とし日を過ぎて3~4日後にカード会社から連絡がくるようです。遅延が初めてで、しかも2・3日ならその後の与信に影響はないようですが、2回以上起こしてしまうとカードを新しく作れなくなってしまう可能性がでてきます。そもそも、本来の支払い期日までに返済することがカード利用規約なので2.3日ならと安易に考えるのは禁物です。

個人信用情報機関に登録されるのは、3ヶ月以上の延滞ですが、約束を破った時点であなたの信用は無くなるのです。

カードのスムーズな利用を確認するため、信販会社、クレジットカード会社では定期的に信用情報をチェックしているので返済期日にうっかり残高が足りなかったなどということのないよう気をつけておきたいところです。

アコム

クレジットカードの審査

クレジットカードお役立ち情報

掲載中カード一覧